楽天カードの付帯サービスについて

クレカセレクトでは、数あるクレジットカードを編集部が徹底的に比較し、厳選されたカードだけを紹介しています!使い方に合わせたランキングで、もうクレジットカード選びに迷うことはありません!
TOP
ランキング
おすすめ
基礎知識
コラム
TOP > クレカセレクト厳選特集 > 楽天カードの付帯サービス徹底解説!

楽天カードの付帯サービス徹底解説!

現金を持っていなくても商品の購入やサービス利用料金の支払いを行うことができるクレジットカード。

現金で支払いを行うよりもスムーズに支払いを可能にしてくれるため、現金を持たずにクレジットカードのみで生活しているという方も増えてきています。

近年のクレジットカードは支払い以外の機能も非常に充実しており、旅行付帯保険(注1)や電子マネー(注2)に特化したクレジットカードというのも多く発行され、用途に合わせた使い分けを重視してカード発行を行うという方も多いです。

現在日本で発行されているクレジットカードの種類は1000種を越えていると言われており、クレジットカードを発行したいと考えた時にどのような目的で発行したいのか、どんな機能を持っているクレジットカードを発行するのかについて事前にネット等で調べるというのが常識となってきています。

1000種というと一枚のクレジットカードについて1時間かけて調べたとしても全部のカードをチェックするには1000時間という膨大な時間がかかってしまうわけですから、途方もない作業だと言えるでしょう。

さらに、クレジットカードの用途が増えているということはある人にとっては使いやすいクレジットカードだったとしても、別のある人にとっては非常に使いにくいクレジットカードだという可能性も考えられるわけで、ネットには様々な情報が氾濫しています。

そこで、今回はクレジットカードに搭載されている支払いやポイントサービス以外の機能、付帯サービスについて出来る限り客観的にご紹介していきたいと思います。

付帯サービスが充実しているクレジットカードを探しているけれど、バイアスがかかった情報は探していない、なるべく公平にジャッジしたいという方はこの記事を読んで自分のライフスタイルや金銭状況に沿ったクレジットカードかどうかをしっかり見極めてくださいね!

今回特集させていただくのはクレジットカード業界でも非常に人気があり、7年連続で顧客満足度No.1を獲得し続けている楽天カード。

非常に人気があり、公式発表によると1200万人もの会員を抱えている楽天カードですが、ユーザー数が多いということはそれだけ意見も割れてしまい、果たして楽天カードが良いカードなのか悪いカードなのかわからないという方も多いと思われます。

そんな楽天カードの機能として搭載されている付帯サービスについて、今回は徹底的に解説していきます!

注1:旅行付帯保険とは

クレジットカードの機能のひとつで、旅行にいったときのトラブルや旅先での事故等に巻き込まれた時に金銭的補償を行ってくれるサービスです。

定められた期間の間にカードごとに定められた条件をみたすことで補償を受けることが可能であり、クレジットカードによってはこの付帯保険の金額が数千万円、ステータスが高いカードになると億単位での補償を行ってくれることもあるため、旅行にいく際に万が一アクシデントに巻き込まれた時の金銭補償を受けるためだけにクレジットカードを発行しておくという方もいらっしゃいます。

国内・海外それぞれに旅行時の付帯保険が設定されており、初めての土地や慣れていない国でも非常に安心して旅に出ることができますね。

旅の目的については問われないので、プライベートな旅行でも仕事における出張でも同じように金銭補償を受けることができるというのが魅力です。

注2:電子マネーとは

非接触型のICカードを利用した電子決済が可能な電子通貨のことで、実際にお金を持っていなくてもカードや携帯電話をかざすだけでICチップに登録された金銭情報を利用して買い物が出来るサービスです。

2000年代初頭に登場し、SuicaやPASMOといった交通機関に特化した支払い手段として知名度を大きくあげてきました。

現在では電子マネー決済に対応した商店も増えており、コンビニエンスストアやスーパーなど全国で利用可能になっています。

事前にお金を入れておく(チャージしておく)プリペイド型と利用した分だけ後から請求を受けるポストペイ型の二種類があり、現在の主流はプリペイド型の電子マネーです。

チャージや後からの請求をクレジットカード支払い扱いに出来るカードも増えており、楽天カードのようにクレジットカード機能のひとつとして搭載しているカードも多く存在しています。

本来は高ポイント還元率で人気の楽天カード

テレビコマーシャルの放送や独特なキャラクターで非常に知名度が高い楽天カードですが、発行開始は2005年からで10年以上の歴史を持つクレジットカードです。

発行元はインターネットモールの運営事業を核として急激に成長してきた楽天グループで、楽天カードは楽天グループのクレジットカード事業によって誕生したクレジットカードです。

JCSI(注3)が毎年行っているクレジットカードの顧客満足度調査でなんと7年連続してNo.1を獲得しつづけるほど人々から愛されているクレジットカードです。

その魅力はなんと言ってもポイント還元率(注4)の高さ。

通常の還元率が1.0%と決して低くはないのですが、楽天市場でのお買い物などで最大7倍という大盤振る舞いを行っていたり、キャンペーン(注5)参加でもらえる期間限定ポイントが破格だったりと、主に楽天グループが提供しているネットサービス利用で日々のお買い物をとてもお得にすることができるクレジットカードなのです。

また、ポイントの有効期限に関しても獲得する毎に期限が延長されていき、楽天カードによる支払いを定期的に行っている方やメインカード(注6)として利用されているという方であれば実質無期限での利用が可能になっています。

楽天カードは年会費(注7)も無料のクレジットカードですから、持ちやすく使いやすいお得なクレジットカードで、このあたりが人気につながっている魅力なのではないでしょうか。

しかし、1000種類という非常にたくさんの券種が存在するクレジットカード業界ですから、楽天カードと同様にネット上でのお買い物やサービス購入に強いクレジットカードというのは多数存在しています。

しかもポイント還元率というのはクレジットカードの選定基準において非常に人気が高いジャンルですから、次々と楽天カードを越えようと新しいクレジットカードが出てきている中で、7年間も顧客満足度No.1に君臨し続けるというのは並大抵のことではありません。

楽天カードが他の高ポイント還元系クレジットカードより優れているのは一体どの部分なのでしょうか?

注3:JCSIとは

日本顧客満足度指数(Japanese Customer Satisfaction Index)の略称であり、ある商品やサービスに対して顧客がどれくらい満足しているのかについてアンケートを行い、そのデータを処理・分析した上で算出される満足度の指数を言います。

経済産業省が支援を行い、サービス産業生産性協議会が開発を行いました。

2009年から公開されており、計測が難しいユーザーの心の動きを図る指標の一つとして様々な分野で役立てられています。

楽天カードはそのJCSIのクレジットカード部門において7年連続1位を獲得したという実績があるクレジットカードなのです。

注4:ポイント還元率とは

クレジットカードといえばポイントシステムという方も多いのではないかと思いますが、何もしないでポイントが入ってくるというわけではありません。(中にはそういうカードもありますが)

具体的には何かを買った時や何らかのサービスを受けた時にクレジットカードを使って支払いを行い、その金額から還元率分のポイントが付与されるというのがポイント還元システムになっています。

例えば、ある休日に楽天カードを利用して服屋さんで5,000円のTシャツを購入し、楽天カード加盟店で8,000円のマッサージを受け、帰りに250円のアイスを購入したとしましょう。

まず、5,000円のTシャツ購入時に1%の還元率なので50ポイント獲得です。

さらに、マッサージを受けたのは楽天カード加盟店だったため、加盟店分の倍率が付与されます。

このお店の場合は2倍だったので、8,000円の1%を2倍して160ポイントが貯まります。

そして、最後に購入したアイスですが、楽天カードの場合付与レートが100円につき1ポイントなので200円分のポイント(2ポイント)がつき、50円分は付与されません。

合計で13,250円を利用し、212ポイントを獲得したという計算になります。

これがポイント還元というシステムで、この還元率のことをポイント還元率と言います。

注5:キャンペーンとは

クレジットカードは入会時や利用時にキャンペーンを行っており、ボーナス特典としてポイントを貰えることが非常に多いです。

どのようなキャンペーンが行われているかというのはカードによって大きくわかれており、一概には言えないのですがどれもお得なものばかりです。

楽天カードは入会時に数千ポイントという通常の購入では手に入りにくいポイントを付与してくれるサービスを頻繁に行っています。

他にも季節や期間限定でのお買い物によって高いポイントをプレゼントしてくれるというようなサービスを行っているクレジットカードもありますので、特に狙っているカードがあるわけではないという方はキャンペーンポイントの大きさでカードを決めるというのもありかもしれません。

ただし、ボーナス付与が大きいほど条件が厳しくなっているということもありますから達成条件に関してはよくチェックしておいてくださいね!

また、楽天カードの場合にはキャンペーンポイントは通常のポイントと有効期限が違っていますのでこちらもご注意ください。

注6:メインカードとは

普段からクレジット支払いで使っているカードの事を言い、性能面では全方位で役に立つカードやステータス性の高いカードをメインとしている方が多いです。

クレジットカードの性能を測る上で大きな指標になるのが支払い可能な金額の上限です。

ステータスが高く、発行が難しいクレジットカードほどこの金額はあがっていくわけですから、大きな買い物をする際にも役に立ち、自然と自分の中でメインカードとして分類されていきます。

しかし、楽天カードは年会費無料で発行手数料もかからず、審査にも通りやすいためステータスは決して高くないカードですが、メインカードとしての需要もあります。

例えばクレジットカードを利用する目的がステータスの高さや高額利用のためではなく、普段の日用品等の買い物をお得にしたいという場合には楽天カードの方がポイント還元率等の面から目的に合致している可能性があります。

楽天カードというとメインカードのイメージからは少し外れてしまうのですが、十分にメインカードとして通用するだけの能力を持っているクレジットカードなのです。

注7:年会費とは

クレジットカードはそのカード機能を維持し、より満足度の高い機能へとアップグレードしていくために年間の利用料金が設定されている場合があります。

例えばゴールドカードなどのステータスが高いクレジットカードですと割引きや優待、空港ラウンジの無料利用といった独自のサービスが充実しているわけですし、提携しているとは言え安く提供する場合にはどこかで補填を行わなければなりません。

そういったカード性能の維持、あるいは強化といった部分に利用されるのが年会費であり、設定されているカードの場合は一年ごとに料金が徴収されます。

楽天カードの場合年会費は永年無料となっていますので、どれだけ利用しても会費が引かれるということはありません。

しかし、これはあくまでも現在の話であり、将来的にカード会社が会費をとるようになる可能性も無いわけではありません。

常に進化し続けている楽天カード

楽天カードはポイント還元率の高さでクレジットカード業界での知名度を上げてきたクレジットカードなのですが、発行開始から様々な施策を行ってきました。

女性向けの楽天カードである楽天カードPINKの発行や、楽天グループの共通ポイントを貯めることができる楽天ポイントカード機能の追加や、電子マネー楽天Edyの搭載などがそれに該当します。

カード機能以外にも宣伝キャラクターである楽天カードマンに楽天カードマンズという仲間が増えたり、楽天グループが提供を行っている関連サービスについても楽天カードを利用することでお得になったりと、常に進化し続けているのが楽天カードの魅力であると言えるでしょう。

また、2016年の11月には三大国際ブランド(注8)のひとつであるJCBに加盟している店で楽天スーパーポイントを扱うことができるようになるポイントおまとめサービスPOICHIがスタートします。

これにより、今までJCB加盟店ではあったけれども楽天カードを使うメリットが無かったお店でも楽天カードのポイントを貯めたり使ったりすることが出来るようになります。

このように、楽天グループでは楽天カードをより便利に利用するための施策や方法が次々と取り入れられ、楽天カードは進化し続けているのです。

現在楽天カードを持っていてよく利用しているという方は発行したときよりも便利になっているというのを実感されていると思いますし、これから発行を考えているという方も今後どのように進化を重ねていこうとしているのか非常に楽しみなクレジットカードであることがわかっていただけたのではないかと思います。

キャンペーンの内容変更や追加キャンペーンというのはどのカードにも存在するものですから、もらえるポイントの増減というのは大いに有り得るのですが、カードの機能や提供サービスに関する変更や追加をこれだけ頻繁に行っているクレジットカードというのは楽天カード以外ですとちょっと見当たりません。

さらに、楽天カードの企業努力というのは付帯サービスの充実にもつながっています。

本来、年会費が無料で発行手数料もかからないクレジットカードというのは申し込みの間口が広い分機能面では充実しておらず、支払い以外には使いにくいクレジットカードである場合が多いです。

しかし、楽天カードは保険や独自の優待サービスが非常に充実しており、付帯サービスにおいてもかなり気合を入れて展開しているということがわかります。

注8:国際ブランドとは

クレジットカード支払いというのは、お買い物やサービスを利用する時にカード会社にその支払いを肩代わりしてもらい、後から請求金額を支払うという仕組みになっています。

しかし、例えば国外で楽天カードを利用しようと考えた時、法的な仕組みが全く違うため楽天カード株式会社は何もすることができません。

そこで、世界規模で支払いを肩代わりするための仕組みとして国際ブランドが存在しています。

クレジットカードには複数の国際ブランドから一種類が付帯しており、そのブランドに加盟している(=提携している)お店であれば支払いの肩代わりをしてもらうことができるようになっているのです。

日本で有名な国際ブランドと言えばVISA、MasterCard、JCBがあり、三大ブランドと呼ばれるのはこの三種類です。

三井住友VISAカードなどはCMが非常に有名ですから、名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

名前の通り、VISAの国際ブランドがついているクレジットカードです。

加盟店数の規模で言うとVISAが世界シェアNo.1。

次いでMasterCard、最後にJCBという形になるのですが得意な地域が違います。

VISAは日本を含めて全世界的にどこでも使いやすいブランドであり、MasterCardはヨーロッパでの利用が非常に強いクレジットカードです。

JCBは上記二つに比べると加盟店の数も少ないのですが、日本発で唯一国際ブランドと認められているブランドです。

なので、日本国内での利用には非常に強いブランドになっているのがJCBの特徴です。

また、日本国内でのクレジットカード発行において、JCBのみ提供サービスが違う場合もあります。

例えば電子マネーのnanacoはチャージによるカードへのポイント付与が本来無いのですが、JCBの楽天カードであれば付与されます。

このように、主に国内で使う場合には思わぬ恩恵を受ける場合があるので国際ブランドを決めるときにはよく調べた上で慎重に選ぶことをおすすめします。

楽天カードに搭載されている付帯サービスをご紹介

楽天カードがその優秀なポイントシステム(注9)で高ポイント還元率クレジットカードの中でも注目を浴びる存在であるというのはわかっていただけたと思います。

現金が無くてもお買い物ができるのがクレジットカードの魅力ですが、支払いの際にカード会社に立て替えておいてもらって後からカード会社に対して振込を行わなくてはならないというのがクレジットカード支払いの仕組み、後払い式です。

ですから、ポイント還元率が高くてなるべくお得に支払いすることが可能なクレジットカードを選ぶというのは、クレジットカードを選定する上で非常に重要だと言えます。

それでは、ポイント還元以外の部分で楽天カードはどのようなカードなのかをチェックしていきましょう!

注12:ポイントシステムとは

クレジットカードには購入金額に応じてポイントという形でキャッシュバックを行うポイントシステムという仕組みが存在しています。

ポイントシステムが搭載されているクレジットカードにはそれぞれポイント還元率という割合が設定されており、商品の購入やサービスの利用で発生した利用金額のうち還元率分がポイントという形でキャッシュバックされます。

ポイントには有効期限が定められていて、この期限内に利用されなかった場合には失効してしまいます。

ポイントの使い道は搭載されているポイントシステムによって様々ですが、商品券やネットで使えるギフトコードのようなカード会社が定めている景品との交換、支払いを行う際にポイントを利用して購入金額から割引きを行う、といった使い方がメジャーです。

ポイント還元率もカードによって違うのですが、0.5~1.0%が平均的な還元率です。

中には条件を満たすと10%を越えるカードも存在しているため、クレジットカードを選ぶ際にポイントシステムが充実しているかどうかをチェックするというのはカード選びの重要な指標の一つとなっています。

楽天カードの付帯サービスは旅行にフォーカスした物が多いです

楽天カードの付帯サービスの中で一番魅力がある項目と言えばなんと言っても旅行付帯保険です。

先述の通り年会費が無料のクレジットカードというのは機能的に制限されているカードが多いわけですから、旅行時の付帯保険も付帯サービスとして搭載されていない場合が多いです。

しかし、楽天カードには旅行保険がしっかり付帯サービスとしてラインナップされており、他の年会費無料クレジットカードに比べるとかなりお得なクレジットカードだと言えるでしょう。

まずは楽天カードに搭載されている旅行付帯保険の付帯サービスを見てみましょう。

国内旅行付帯保険はついていません

クレジットカードの付帯サービスとして搭載されている旅行付帯保険には大きく分けて二種類が存在しています。

それが国内旅行付帯保険と海外旅行付帯保険。

その名前の通り国内に旅行に行く時、何らかのトラブルやアクシデントに巻き込まれた場合に金銭的補償をしてくれるのが国内旅行付帯保険です。

さらに、国内旅行でも海外旅行でも旅行付帯保険はここから二種類に分かれており、利用付帯(注13)と自動付帯が存在しています。

楽天カードの付帯保険の搭載状況を見てみると、国内旅行付帯保険は全く搭載されていません。

国内旅行時の旅行先に楽天カード加盟店があればそのお店で楽天カードを利用することでポイントを貯めることはできるのですが、旅行時に起こった事故や事件に巻き込まれてしまった際には役に立たないということを覚えておいてくださいね。

注13:利用付帯とは

特に旅行保険において、付帯サービスが適用されるかどうかは条件次第です。

利用付帯というのは旅行に出かける日や旅行に関わるお金の支払いにクレジットカードを利用している事を付帯の条件としている保険のことです。

もう一つ、持っているだけで旅行中の保険になる自動付帯というタイプの保険もあり、ステータスが高いクレジットカードの場合は自動付帯になっていることが多いです。

利用付帯のカードの場合ですと、旅先で持っているだけでは保険の効力が全く出ないので、自分の持っているクレジットカードの保険がどちらのタイプなのかしっかりチェックするようにしてください。

楽天カードの場合は海外旅行保険が利用付帯としてついているため、定められた条件の中で一度以上クレジットカード支払いをしておく必要があります。

海外旅行保険は充実の最高2,000万円まで

では、海外旅行付帯保険の場合はどうでしょうか。

楽天カードは年会費無料で利用可能で発行手数料もかからないハードルの低いカードなのですが、実は海外旅行保険がかなりしっかりと付帯しています。

国内旅行であれば文化や治安等もそこまで大きく変わることもないでしょうから、ある程度補償に不安が残るような状況であっても万が一の場合には自分でしかるべき場所に連絡して助けを乞うことが可能です。

しかし、海外旅行となるとなかなかそうはいきません。

仕事やプライベートで行き慣れている土地、また居住経験のある土地でしたら良くないことに遭遇しても対処可能ですし、本人が現地の言葉に堪能であれば見知らぬ土地であっても助けを求めることができます。

ですが、見知らぬ土地で言葉もあまり自由ではないという方の場合には対処が難しくなるでしょう。

さらに、海外渡航自体が初めてという方は文化の違いという大きな壁もあるわけですから、非常に心細く正しくない選択をしてしまう可能性も大いに有り得ます。

その上、慣れている方だとしても大きなアクシデントや事故に巻き込まれて自分でなんとかできるような状態ではないとしたらどうでしょうか?

こういう可能性が少なくない以上、クレジットカードにおいてもしっかりとした補償をしてくれるというのは非常にありがたいことです。

高いステータス性を持つクレジットカードを選ばれる方の中には旅行付帯がどれぐらい充実しているのかを重視して選ばれるという方も多くいらっしゃいます。

こういった状況に備えてお守りになるクレジットカードを選ぶのはある意味当たり前かもしれませんね。

●楽天カードの海外旅行付帯保険その1:死亡時に有効な保険

海外旅行の最中に事故や怪我を負ってしまい、それが原因で死亡してしまった際には2,000万円が遺族に支払われます。

原因となる事故や怪我が発生してから180日以内に死亡してしまった場合に支払われ、亡くなった日には帰国していたとしても原因となった事故や怪我が海外旅行中に起きたものであれば補償してもらえるという付帯サービスです。

死亡してしまうというのは余程のことですから、楽しい海外旅行の前にはあまり考えたくないですが、万が一ということは有り得ます。

年会費無料のクレジットカードで2000万円というのはかなり額が大きいですから、家族のことを考えても是非条件をクリアして楽天カードを海外に持っていくべきです。

●楽天カードの海外旅行付帯保険その2:後遺症が残ってしまった時に有効な保険

死亡保険と同様の条件ですが、こちらは海外旅行時の怪我や事故が原因で身体に後遺障害が残ってしまった場合に金銭的補償をしてもらえる付帯サービスです。

こちらも原因となる事故や怪我が発生してから180日以内に後遺障害が残ってしまった時に適用される保険で、80万円から2000万円までの間でその後遺障害の大きさに応じて金額が変動する付帯サービスです。

ですので、一概にいくらの金銭補償が受けられるというのは言えないのですが、最高額の2000万円が適用される場合というのは死亡保険と同等かそれに近いほどの後遺障害でなければ適用されないと考えていいでしょう。

●楽天カードの海外旅行付帯保険その3:傷害の治療を行った時に有効な保険

海外旅行の最中に事故や怪我に見舞われてしまい、医者による治療を受けた場合に金銭的な補償をしてくれるという付帯サービスです。

200万円が限度であり、こちらも治療を受ける原因となった事故や怪我から180日以内に受けた治療に対する金銭的補償になります。

海外での病気や怪我の治療においては保険のシステムが異なっているため法外な値段を請求されて非常に困ってしまったというケースも少なくありません。

そういった場合でも楽天カードならば傷害治療費用を金銭補償してくれるので安心です。

●楽天カードの海外旅行付帯保険その4:病気の治療時にかかった費用

事故や怪我というわけではないですが、海外旅行中に何か病気にかかってしまい病院にいって医者の治療を受けなければいけなくなってしまったという時にかかった治療費用を支払ってくれるという保険です。

期間としては海外旅行の最中か帰国して48時間以内に発病が確認され、同様の期間中に医療機関で医師による治療を受けた場合にのみ金銭支払いが発生いたします。

金額は最大で200万円まで、治療費用の程度によって金銭補償が行われます。

ただし、疾病の原因が旅行前や旅行後に起こった何かによって引き起こされた場合には適用されませんのでご注意ください。

また、疾病の種類によっても保証期間は変化し、コレラやペストといった特定の伝染病に関しては旅行中か旅行終了日を含む14日以内に治療を受けた場合に適用されます。

支払い対象となる費用は治療費だけでなく入院費用に関しても適用になりますし、適用範囲に関しても入院で必要な身の回り品の購入においても適用され、かなり細かい条件付けがされていますので詳しくは楽天カードの公式サイトや問い合わせで予め確認しておくことをおすすめ致します。

さらに、疾病の種類や治療でかかった医科の種類によっては保険金を受け取ることが出来ないという場合もあるためご注意ください。

病気や怪我以外で楽天カードが補償してくれる海外旅行付帯保険

海外旅行で恐いのは見知らぬ土地での怪我や病気といった自分の体にふりかかる不幸ですが、それ以外にも金銭的補償が必要になってくる場合というのは多数存在しています。

そんな時のために、楽天カードの付帯サービスには傷害や疾病以外でも金銭補償してくれる仕組みが備わっています。

●楽天カードの海外旅行付帯保険その5:怪我や物品損壊の賠償保険

故意ではないにしろ、たまたま海外旅行中に何らかのトラブルに巻き込まれて現地で人に怪我を負わせてしまったり、お店の商品等を壊してしまったりする事は往々にして有り得ます。

謝って許してもらえればそれに越したことはないのですが、金銭補償を求められた場合や法外な金額の支払いが必要になってしまった場合には現地でお金を支払わなければなりません。

これらの事故等に対して保険会社が認めた場合にのみ金銭補償をしてくれるのが賠償責任です。

1回の事故につき最大で2000万円までと非常に高額な補償がついており、宿泊施設の事故による損害、住居損害や旅行のために借りたレンタル品への損害等に適用可能な保険です。

もちろん、これらが故意に行われた場合には支払いが行われず、あくまでも事故による損害被害にのみ金銭補償が適用されるという付帯サービスです。

また、飛行機や船舶、自動車に与えた損害についても補償の対象外になりますのでお気をつけください。

●楽天カードの海外旅行付帯保険その6:自分の持ち物が破損等の被害にあった場合の保険

先程楽天カードに搭載されている付帯サービスとして紹介したのは他人への損害、あるいは他人の持ち物への損害に関してでしたが、実は自分の持ち物が損害を受けた場合にも金銭補償してくれるという付帯サービスが存在しています。

こちらも盗難や破損、火災による偶然の事故でなければ金銭補償をしてもらうことはできないのですが、総額ではなく一点につき最大10万円までの補償をしてくれます。

気をつけたいのが同一旅行の間に上限金額が儲けられているということ。

同じ旅行の間の上限金額は20万円までで、楽天カード会員である間の総額についても最大で20万円までとなっています。

例えば、宿泊先のホテルが観光中に全焼してしまい、持ってきたカメラや携帯電話、パソコン等が全損してしまったとしても、カメラとパソコンでそれぞれ10万円分の補償をしてもらった後には携行品補償を受けることができず、その他の持ち物に関しては金銭補償がありません。

さらに、免責金額として1回の事故につき3000円の個人負担が必要になるという点だけ気をつけてください。

消耗品や置き忘れ、紛失については補償の対象外ですからこちらもお気をつけください。

●楽天カードの海外旅行付帯保険その7:救援される方のための費用

海外旅行に行っている最中に楽天カード会員の方が何らかの大きなアクシデントに巻き込まれ、救助費用として金銭の支出があった時にかかった費用を救援者費用として計上し、金銭的に補償してくれるという付帯サービスです。

具体的には楽天カード会員の方が傷害や病気で亡くなってしまった場合や、入院が必要な状況になり7日以上入院された場合。

または楽天カード会員の方が登場していた航空機、船舶が行方不明になってしまったという時や何らかの事情により楽天カード会員の生死が確認できないという場合にも適用されます。

救援者費用として計上される支出の種類としては創作にかかった費用の他に、家族や友人知人といった救援者が現地まで赴くための渡航費用や宿泊費、亡くなってしまった場合に現地で遺体を処理するための費用なども救援者費用として適用されます。

万が一何かが起こってしまった時の事というのはなるべく考えたくないですが、備えておくのに越したことはありません。

適用金額は最大で200万円までとなり、これは楽天カード会員である期間の通算金額です。

楽天カードに付帯している保険以外のサービスについて1

年会費と発行手数料が無料なのに海外旅行保険が付帯しており、しかも金額的にかなり充実している楽天カードですが、保険以外の付帯サービスに関しても隠れた魅力がたくさん存在しています。

楽天カードの魅力は支払いやポイント還元だけではないということをわかっていただけたのではないでしょうか。

まずは保険と同様に海外旅行に出かけた時に役立つ付帯サービスをご紹介させていただきます。

●お土産配達サービス

海外旅行に限らないかもしれませんが、旅行に出かけた際には自宅や会社、所属先にお土産を買っていかなければなりませんよね。

しかし、せっかくの海外旅行ですからお土産選びで何時間も取られてしまっては勿体無いです。

ぜひとも観光や自分へのお買い物で出来る限り旅を満喫していただきたいと思います。

そんな方におすすめしたいのが海外お土産宅配サービスです。

出発前にカタログから予めお土産を選んで購入しておくことで、帰宅日に合わせてお土産を届けてくれるこのサービスは大量にお土産を購入しなければならないという方に大変人気のサービスです。

海外旅行というとそれだけで荷物が大きくなりがちですから、さらにお土産まで持って帰るというのはかなり大変ですよね。

長旅で疲れてようやく帰国し、重たい荷物を持って自宅に帰る時にもかなり楽になりますから非常にありがたいサービスではないでしょうか。

また、重たいものや割れ物は現地から持って帰ってくる間に破損してしまう可能性があります。

郵送による宅配ならそういった事態を避けることもできますから、綺麗なままのお土産を渡すことができます。

注文方法は電話やFAX、郵送とインターネットから選択可能ですので出国前に思い立ってスマートフォンからお土産を選ぶという事も可能になっています。

また、もし購入したお土産がたりなかった場合でも、このお土産宅配サービスを利用していれば追加で注文することが可能なのでいざという時でも安心です。

実はこのサービス、楽天カードがお土産宅配を行っている企業と提携を行って提供しているサービスなのですが、楽天カード会員の場合には利用時に貯まるポイントが10倍になります。

さらに送料無料の特典もついているので、お土産用の金額のみの支払いで問題ありません。

お土産は全て任せてしまって旅行を思いっきり楽しみましょう!

●空港駐車場優待

特に海外旅行においては荷物が多くなってしまいますから、公共の交通機関を利用しての移動は普段に比べると難しくなります。

また、空港を利用される方というのも多いですから、車内が混雑するような時間帯ですと他のお客さんの迷惑になってしまう可能性も大いにあります。

また、飛行機の搭乗時間締切というのは出発のかなり前に設定されていますから、朝早い時間帯のフライトですと交通機関の遅れによっては間に合わなくてなってしまう可能性もあります。

そういった事情から、時間に左右されず大きな荷物を運べるように空港まで車で移動して置きっぱなしにしておき、帰国時にそのまま乗って帰るという方もいらっしゃいます。

しかし、海外の場合には渡航時間も長いですから、滞在期間によっては非常に長い間駐車場に車を置いておくことになってしまいます。

その間にも駐車料金は発生していきますからあまりお得な方法とは言えません。

そんな方におすすめしたいのが空港パーキング優待です。

楽天カード会員の方であれば特別な優待割引を受けることが可能で、さらに貯まるポイントが通常の3倍と非常にお得に駐車場を利用可能な付帯サービスなのです。

申込方法はインターネットか電話で利用する前日の17時半までに連絡を入れておくだけ。

その後帰国時の料金支払時に楽天カードで支払いをすると優待を受けることが出来ます。

長時間フライトの後は非常に疲れていますから、混み合う公共交通機関は避けたいものです。

また、朝早かったり夜遅かったりするフライトの場合には交通機関が動いていない可能性もあります。

この付帯サービスを利用して自分のペースでゆっくり帰宅できると非常にありがたいですね。

提携を行っているのは成田空港と羽田空港の近くにあるサンパーキングの一部系列店舗のみになりますのでご注意ください。

●海外レンタカー予約サービス

パッケージツアーではない海外旅行において、移動というのは車を利用する場合が多くあります。

日本のように鉄道網が発達している国なら公共交通機関を利用するというのも良いと思いますが、特に国土の広い国ですと車でしか行けない観光地というのも数多く存在しています。

そんなときに利用して欲しい付帯サービスがこちらの海外レンタカー予約サービス。

世界中で利用されており海外レンタカー業界においても大きなシェアを持つハーツレンタカーを対象に、お得に車の事前予約ができるという付帯サービスになっています。

国内での事前予約が必要になってしまうのですが、インターネットか電話を利用して会員優待番号を伝えるだけで予約が可能。

しかも、楽天カードを利用して支払いを行うと通常の価格から10%も割引を行ってくれるのです。

ヨーロッパのような国が密集した土地ですと車で国境を越えて旅をするということもあるのではないかと思います。

そうすると長期間レンタルを行うということも有り得ますので、少しでも割り引きが適用されるというのは非常にうれしいですね。

現地での免許証や予約確認書提示の他に楽天カードの提示が必要になるため携行しておくことを忘れないようご注意ください。

楽天カードに付帯している保険以外のサービスについて2

ここまでは移動系の付帯サービスにフォーカスしてご紹介してきましたが、楽天カードにはまだまだたくさん役立つサービスが存在しています。

ここからも余すところ無く楽天カードの付帯サービスをご紹介させていただきますよ~!

●手荷物配送サービス

旅行というのは何かと荷物が多くなってしまうものです。

さらに海外旅行というと長めの滞在期間をとっておくものですから、自然と荷物も大きくなり、巨大なスーツケースに無理やり押し込んでなんとか旅に出るという経験がある方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが楽天カードの提供する手荷物宅配優待。

出国から帰国まで、国内のあらゆる場所に荷物を運んでくれるサービスです。

出発日が決定したらインターネットか電話で予約をすると指定の日時と場所に配送を依頼する荷物を引き取りにきてくれます。

この引き取り場所は自宅以外の指定も可能になっていますから、例えば会社に取りに来てもらう、実家に取りに来てもらうという事も可能になっています。

荷物をお渡しするのは出発日当日に空港のロビー内にある宅配カウンターで行われ、ご本人様は手ぶらのまま空港までいらして頂いてそのまま海外旅行に出発することができます。

帰国する際には現地の空港に荷物を持ち込んでいただいて、来た時と逆の方法で郵送によるお届けとなります。

こちらも楽天カードが手荷物配送サービスを行っている企業と提携して提供しているサービスで、通常価格より最大で300円割引になるというのが魅力です。

もう大荷物を抱えて大変な思いをしながら空港まで行く必要はありません、手ぶらで楽々海外旅行も実現可能なのが楽天カードの付帯サービスです!

●Wi-Fiルーター貸し出しサービス

海外旅行時に利用可能なモバイルW-Fiルーターを貸し出してくれるサービスです。

普段から日本で使っている携帯電話を利用する場合には現在契約しているキャリアから申し込みを行って、海外で利用できるように設定する必要がありますがネット利用の際には安定しないという場合があります。

日本国内であれば携帯電話会社が設立している電波塔がたくさんありますから安定したネット利用ができるため、道に迷ったり調べ物をしなければならなくなったりした場合でも問題ないのですが、海外で同じような状況に陥ってしまったときに通信が安定しないというのは不安ですよね。

また、宿泊先のホテルには基本的にネット通信設備が揃っていると思いますのでパソコンを持っていって仕事やプライベートでの利用をすることができると思うのですが、宿泊先の規模によってはネット設備が整っておらずパソコンを利用できないという環境も考えられます。

特に小さな街や発展途上の国に行くような場合ですと大きな問題になってしまいます。

最近ではネットカフェも多数存在しているため、軽い調べ物をする程度なら何も問題はないと思うのですが、出張や仕事の関係で海外に出かけるという方とってネット環境が整っていないというのは命取りでしょう。

そんなインターネット接続問題を解決してくれる楽天カードの付帯サービスがこちら。

小さくて持ち運び可能な海外で使えるWi-Fiモバイルルーターのレンタル提供を行っている企業と提携し、楽天カード会員限定の優待として利用総額から15%割り引きを行ってくれるのです。

利用金額は一日あたり300円からとなっており非常に安い上に手数料等もかからないのでこれから海外旅行にでかける方に是非利用していただきたいサービスです。

申込方法はインターネットか電話での予約になっています。

受け渡しは空港ロビーにあるWi-Fiカウンターで行い、返却時にも空港ロビーの同じカウンターにお持ちいただくだけです。

国内にある主要な国際空港と、さらにハワイや韓国など一部海外の空港においても受け渡しをしてもらえるため、受け取りたい空港を選んで利用することが可能です。

カスタマーサポートも24時間体制で受け付けてくれるため、動かなくなってしまった場合や利用方法がわからない場合にはいつでも問い合わせすることができるので非常にありがたいですね。

楽天カードに付帯している保険以外のサービスについて3

国内旅行も海外旅行も同じだとは思いますが、なるべく快適に旅行にでかけたいものですよね。

荷物は少なくしたいですし、待ち時間にもせっかくの旅行をより充実させるような過ごし方をして100%満喫したいものです。

楽天カードの付帯サービスにはこのような旅行に関する不便を解決してくれるものが用意されています。

細やかなサービスでまた旅に出たくなること間違い無しの付帯サービスをご紹介いたします!

●コート預かりサービス

地球は広く、一度日本を出たら全く違う人や文化が旅人を待っています。

その違いを楽しみにして人は旅に出るのではないかと思いますが、場所によっては気候や環境も大きく変わってしまうことが大いに有り得ます。

また、避暑という言葉もありますから、暑い時期には涼しい国に出かけたくなるものですし、逆に寒い時期には暑い国で日本と正反対の気候を楽しみたいものです。

しかし、日本の気候に合わせた服装でそのまま海外旅行にでかけてしまうとその差から洋服が荷物になってしまう事も多く有るでしょう。

ただでさえ荷物が大きくなってしまいがちな海外旅行ですから、なるべく荷物は少なくしておきたいものです。

また、防寒具は安くないものですから、荷物の端にまるめて入れておくと傷んでしまったり悪くなったりする可能性もあるでしょう。

そこで楽天カードが提供している防寒具一時預かりサービスが活躍するのです。

空港が行っている防寒具一時預かりサービスを、楽天会員なら一着あたり1%割引きしてくれるこのサービスは、海外渡航中はずっと防寒具を預かってくれるため気候の全く違う国から帰国した時にも寒暖差にやられてしまう事無く自前のコートを着ることができるので便利です。

海外から帰国した際には非常に疲れていますし、暑い国から寒い日本に帰ってきた場合には疲れと相俟って体調を崩してしまうこともありますので、事前にコートを預けておくことで体をいたわってあげることができますね。

割り引き対象外にはなるのですが手荷物預かりも行ってくれるため、何らかの理由から荷物をもったまま空港にいかなければならないという時でも預けておけるので安心です。

事前の電話予約や申し込みは全くいりませんので、空港ロビーにあるカウンターまで直接預けたい防寒具をもっていって預けてください。

引き渡しの際も到着したロビー内のカウンターで受け取ることができるので日本と大きく気候が違った場合にもすぐ防寒具を着ることができます。

気をつけていただきたいのが、楽天カードを携行しておく必要があるということです。

また、支払いにおいても楽天カードで支払った場合にのみ適用されるサービスですので、必ず楽天カードで支払いをするようにしてください。

●楽天トラベルのラウンジが利用可能

楽天カードは楽天グループが発行を行っているクレジットカードですから、楽天グループが提供している他のサービスとの親和性が非常に高いです。

中でも特に楽天トラベルとの提携は非常に強化されており、特定の空港ラウンジ利用時にお得な特典を利用することができます。

対象となっているラウンジはグアムとサイパンで、オプショナルツアーやレストランなどの予約、人気のホテル情報などお得な情報を案内してくれます。

空港ラウンジでどのようなサービスを受けることができるのか見てみましょう!

空港ラウンジ利用の詳細

南国のリゾート地としてハワイと共に日本人の渡航が多いグアム、そしてサイパン。

観光地としての側面が非常に強いため見るべきところが非常に多く、全てを満喫するというのは現地に詳しい人がいないと難しいでしょう。

そんな時、楽天カード会員であれば楽天空港ラウンジを利用することで詳しい現地の情報を手に入れることができます!

●空港ラウンジ特典その1:日本語による対応

海外ラウンジやデスク利用がクレジットカードの付帯サービスとしてついているクレジットカードというのは多いのですが、現地の言葉やガイドさんによる案内しか行っていないという場合も多いです。

しかし、楽天空港ラウンジの場合には日本語を使える方が常駐されているので言葉が不安であっても安心して利用することができます。

コンシェルジュではオプショナルツアーの申し込みやマッサージの申し込み、レストランやレンタカーの手配にも対応していますし、バスの乗車券も販売しています。

また、どこかおすすめの場所はないか、美味しい食べ物は何があるのか、といった相談も受け付けてくれるので、現地にしかない魅力を満喫したいなら是非利用して欲しい付帯サービスです。

●空港ラウンジ特典その2:楽天スマートパスをプレゼント

現地にあるお店のうち、楽天カードと提携をおこなっているお店やツアーで利用可能なクーポンである楽天スマートパスをもらえます。

このスマートパスは利用したい店舗や場所で提示するだけで割り引きや特典を受けることが可能で、利用可能な店舗は50を越えています。

飲食店を中心にショッピング利用も可能ですし、ダイビングやゴルフといったリゾート地ならではのオプショナルツアー利用時にも使えるためグアム旅行を満喫するなら必ず持っておきたいクーポンです!

オプショナルツアーの申し込みやレストランの申し込みは先程ご紹介した日本語対応コンシェルジュから申し込むことができるので是非利用してみてくださいね!

●空港ラウンジ特典その3:レンタルグッズ格安利用

グアム、サイパンと言えば抜けるような青空と素晴らしい透明感の海!

グアムとサイパンに行ってビーチで遊ばないという手はありませんよね。

そこで楽天空港ラウンジではお子様向けのビーチ用品を中心に様々なレンタル品をご用意しています。

一点につき2ドルから、ものによっては無料でレンタル可能になっているので問い合わせてみてください。

防水バックやレジャーシート、ベビーカーも利用可能ですので小さいお子様のいる方でも安心してグアム、サイパンを楽しめます。

また、お子様の急な発熱や体調不良ですとか怪我などもサポートしてくれます。

オムツや応急医療キット等の用意があるためお子様がビーチではしゃぎすぎてしまってもすぐ対応可能です。

楽天カードは緊急時対応サービスも充実

海外でのトラブル、アクシデントに巻き込まれた時に金銭的補償を行ってくれるというのは海外旅行保険の項目でご紹介いたしましたが、実際に助けを求める先というのも楽天カードには用意されています。

そんな海外旅行時のサポートについてご紹介いたします。

●カードをなくしてしまった場合の連絡について

海外旅行時にはどのようなアクシデントや事故に見舞われるかわかりませんから、発行した楽天カードが盗難や紛失によって手元からなくなってしまう事も大いに有り得ます。

基本的にクレジットカード搭載の付帯サービスというのは楽天カードが手元にないと受けられないものですから、なくなってしまった時には迅速に連絡をすることが重要です。

楽天カードには国内でカードをなくしてしまった場合と海外でなくしてしまった場合にそれぞれ専用の番号が用意されているので事前に連絡先をチェックしメモしておくことをおすすめ致します。

楽天カードをなくしてしまうというのは不正利用にもつながりやすいです。

近年ではクレジットカードの不正利用防止に向けて各カード会社が様々な方法で対策を行っているのですが、クレジットカード自体が第三者の手に渡ってしまうと不正利用のしやすさはぐっとあがってしまいます。

なので、何らかの理由で盗難・紛失の憂き目に遭ってしまった場合にはすぐ連絡するようにしてくださいね。

●連絡後にどうすればいいのか

カードをなくしてしまった際の対応として連絡はしたものの、まだまだ海外滞在期間は長くなるからなんとかクレジットカードを利用したいという場合もよくあるのではないかと思います。

複数枚のカードを持っていれば安心ですが、旅行付帯や付帯サービスが充実しておりメインカードとして非常に使いやすい楽天カードのことですから、この一枚だけで海外旅行に出発してしまうということもあります。

そういった場合でも三大ブランドであれば海外滞在中のみ利用可能な再発行カードを発行してくれます。

楽天カード会員であればなんと利用は無料!

お持ちの楽天カードに搭載されている国際ブランドに連絡を行うことで利用可能になるので、こちらも電話番号を控えておくことをおすすめします。

注意していただきたいのが、この再発行カードは国内利用ができないという点です。

楽天カードをなくしてしまった場合には改めて帰国後に再発行手続きを行う必要があるので気をつけてくださいね。

また、再度紛失の可能性があり楽天カードの再発行が不安だという方には緊急時のキャッシングサービスが用意されています。

キャッシング利用時の利息がかかってしまうのでそこだけご注意頂きたいのですが、すぐに現金が手に入るため取り急ぎ急場を凌ぐということが可能になっています。

楽天カードの付帯サービスは年会費無料とは思えない充実度

年会費が無料のクレジットカードと言うとサービスが充実しておらず、あまり旅行時の役に立たないというイメージがあるのですが、楽天カードの場合はそんな常識を跳ね返すほど様々な付帯サービスが充実しています。

これまでユーザー満足度のために幾度の進化を重ねており、これからも大きく躍進していくと思われる楽天カード。

ポイント還元率も魅力的ですが付帯サービスのために発行するというのもアリなクレジットカードではないでしょうか!

関連する他の記事

Orico Card THE POINTのお得な使い方!
Orico Card THE POINTをお得に使うための徹底的にご紹介!この記事を読めば通常時でもポイント還元率が高…
国内・海外旅行で役立つクレジットカード特集!~海外旅行編~
海外旅行に行くときに必ず加入することになる海外旅行保険。保険にはお金がかかるのですが保険が自動付帯…
クレジットカードの仕組みについて
クレジットカード利用の際の流れ、仕組みについて解説した記事です。どうやってお金が支払われているのか…
楽天カードのお得な使い方!
楽天カードをお得に使うための徹底的にご紹介!この記事を読めば通常時でもポイント還元率が高い楽天カー…