クレジットカード漏洩対策

クレカセレクトでは、数あるクレジットカードを編集部が徹底的に比較し、厳選されたカードだけを紹介しています!使い方に合わせたランキングで、もうクレジットカード選びに迷うことはありません!
TOP
ランキング
おすすめ
基礎知識
コラム
TOP > クレカセレクト厳選特集 > 要チェック!クレジットカード漏洩対策を強化せよ!

要チェック!クレジットカード漏洩対策を強化せよ!

クレジットカードでの支払いはその場ですぐに決済を行うことができるので購入者にとってとても便利。

しかしその高い利便性とは裏腹にクレジットカードの不正利用による犯罪も増えてきています。

とくにクレジットカードはネットショッピングに必要不可欠なものですし、自分のお金が不正に使われてしまうのはとてつもなくショックです。


ですのでショッピングでカードを利用するだけでなく、セキュリティなどカードの漏洩対策についてもしっかりと知識を持っておくことが大切です。


今回はセキュリティ面で有効なクレジットカードの漏洩対策についての知識をお話していきたいと思います。

情報漏洩についてしっかり知っておくことで、より安全に利用することができるので怯えながらカードを利用しなくてよくなります。

クレジットカードのセキュリティコードって?

セキュリティコードはクレジットカード不正利用のリスクを減らすためのもので、カードの裏面サイン欄に記載されている数字のうち、一番右にある3~4桁の数字のことを指します。

例外としてアメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードの場合は、表面の右端4桁の数字がセキュリティコードとなります。

セキュリティコードはインターネット上で安全にクレジットカード決済を行うために導入されました。

ネットショッピングなどでクレジットカード決済を行うときや、電子マネーのチャージをするときにコードの入力をする場合があります。

当然のことですがカードを利用した際の伝票や明細書にセキュリティコードは記載されません。


つまりクレジットカードの持ち主のみが番号を知っていることになり、原則番号を知っている人しかカード決済をすることはできないという仕組みになっているのです。

ですので間違っても自分以外の人にセキュリティコードを教えるなどという間違いを犯さないように気をつけましょう。

またカードを不正利用されるリスクを減らせるからといって過信は禁物です。

たとえばフィッシング詐欺などの悪質行為では、ネット上に入力した情報を読み取ることで個人情報を盗み取ることができます。

もちろんネットショッピングの際に自分で入力したセキュリティコードを盗まれてしまう可能性もあります。

ほかにも大手ネットショッピングサイトなどではコード入力の手順を飛ばして、クレジットカードの番号有効期限だけを入力すれば商品を購入できてしまうといったケースもたくさんあります。

コードの入力は確かに手間ですが安全面を考慮するなら、手軽さだけを重視しないほうが良いかもしれません。

セキュリティコードでカードの不正利用を防ぐことができるからといって、完全にリスクを防ぐことができるというわけでもないことを留意しておきましょう。

クレジットカードの漏洩で気をつけるべきポイント

クレジットカードは様々なサービスが利用できるとても便利なツールですが、利用する際漏洩のリスクが完全に無いとは言えません。

もちろん不正利用されないためにカード会社による対策も立てられているのですが、カードが悪用されないに越したことはありませんよね。

ここでは誰にでもできるクレジットカードを安全に利用するための対策をご紹介したいと思います。

クレジットカードの利用明細をチェック!

クレジットカードが不正に利用されてしまった場合、カード会社による補償を受けることができますが、実は不正利用が発見された60日以内までという期限があります。

したがってカードが悪用された場合のことを考えて、クレジットカードの利用明細には必ず目を通すことが大事であると言えます。

クレジットカードの暗証番号に注意!

最近のクレジットカード決済ではサインではなく、暗証番号を入力する決済が主流になっていますが、暗証番号を使用する場面はセキュリティ面でもとても重要になります。

なぜかと言うともしも暗証番号が流出した場合は、たとえ不正利用されたとしても補償が一切されないためです。

こうなるとせっかくのセキュリティもムダになってしまうので、暗証番号の管理についてはとくに気をつけるべきであると言えるでしょう。

とくに誕生日電話番号などの個人情報で推測されやすい番号を用いるのはもってのほかです。

クレジットカードの不正利用を防ぐために暗証番号を決める際には、個人情報と関係のない数字を設定しておくのが理想です。

クレジットカードの裏面サインをしておく!

クレジットカードのセキュリティ対策として、カードが届いたら必ず裏面にサインを記入しておきましょう。

もしクレジットカードを紛失したときに不正利用されてしまった場合、サインの無いカードだと被害額を補償してもらうことができないからです。

裏面に書いたサインの筆跡を真似されてしまうのではと思う人もいるかもしれませんが、筆跡が真似されていても不正利用である場合は補償が効きますので大丈夫です。

したがってカードが届いたらまず裏面にサインをしておくことが肝心です!

関連する他の記事

学生限定!学生向けクレジットカード虎の巻~おすすめのカード編~
学生向けクレジットカードはどれも年会費無料で、お得に利用できるカードが豊富に揃っています。この記事…
国内・海外旅行で役立つクレジットカード特集!~海外旅行編~
海外旅行に行くときに必ず加入することになる海外旅行保険。保険にはお金がかかるのですが保険が自動付帯…
Orico Card THE POINTの付帯サービス徹底解説!
高いポイント還元率だけがOrico Card THE POINTの魅力ではありません。カードに付帯している付帯サービス…
Orico Card THE POINTの審査について徹底解説!
Orico Card THE POINTと言えば高い還元率で人気のクレジットカードで、申し込みやすく作りやすいクレジッ…