クレジットカード審査の基準について

クレカセレクトでは、数あるクレジットカードを編集部が徹底的に比較し、厳選されたカードだけを紹介しています!使い方に合わせたランキングで、もうクレジットカード選びに迷うことはありません!
TOP
ランキング
おすすめ
基礎知識
コラム
TOP > クレジットカードの審査について > クレジットカードの審査で使われている基準とは?

クレジットカードの審査で使われている基準とは?

申し込み用紙に記入

クレジットカードを発行するときに必ず通らなければいけないのが審査です。

そうなると、気になるのが基準
カード会社によって様々ではありますが、ある程度の基準値を越えなければ通過することはできません。

では、具体的に見られているのはどの部分でしょうか?
また、通過しやすくする方法はあるのでしょうか?

クレジットカード作りにおける、いろはの「い」を紹介します!

クレジットカード審査の基準は大きく分けて3項目

世の中のクレジットカード会社は、審査において大きく3つの基準を設け、申込書における申告から、その3項目のポイントがどれだけ高いかによって発行の可否を決めています。
全てがCから始まる英単語なので「3C」とも呼ばれます。

1つめのC「Capacity(資力、支払い能力)」


クレジットカードは平たく言うと金銭支払いの代行システムです。
今は代わりに払ってもらって後で払う、または数回に分けて払うというのがカードの仕組みです。
ということは「お金を払えるだけの能力」が必要であり、そのためには収入が必要、もっと言えば毎月安定してお金が入ってくる人(=支払い能力のある人)の方が、カード会社としては安心なわけです。

2つめのC「Character(性格)」


仮に支払い能力に長けた人だったとしても、お金を払ってくれなければカード会社には一銭も入ってこないどころか、そのまま代行を続けていけば損失になります。
なので、申し込んだ人がちゃんと定められた期限内に支払いを行うことができる人かどうかを見ます。

3つめのC「Capital(資産)」


家や車、証券、貯金などの資産がどのくらいあるかを見ます。
審査基準に達している以上、起こりにくいとは思いますが、金銭の支払いができなくなった際に担保にできるものがどれだけあるかを見ています。
カード会社からの保険、という意味合いが強い項目です。

この3Cを元に、カードを発行するかどうか決めています。

クレジットカード審査最初で最後の難関、申込書類の作成

クレジットカードの審査に向けて、まず必要になるのが申込書です。
カード会社が設ける基準に到達する以前に、この申込書がしっかり作成できていなければ書類不備で落ちてしまいます。

必須項目を必ず記載し、漏れのないように気をつけて作成しましょう。
会社によって聞く内容は違うのですが、ほとんどの会社で聞かれる項目をご紹介します。

氏名、年齢、住所、電話番号、家族構成、住居形態


その人に関する基本的な情報というのは一通り聞かれます。
年齢制限のあるカードもありますし、住所・電話番号も連絡のために必要な項目です。

家族構成に関しては、何故聞かれるのかわからないという方もいると思いますが、実は重要な項目です。
万が一支払いが滞り、連絡もとれなくなってしまったときに、家族が少ないと夜逃げ等の最終手段を取りやすくなるため、発行の段階で低い評価がつけられてしまいます。

住居形態に関しては資産があるかどうかの確認です。
持ち家であれば資産(Capital)として認められ、有利な評価がつきます。

年収


基本的な資力(Capacity)を見るために申告が必要です。
年収が少ない人が利用上限額の高いカードを発行し、上限いっぱいまで使い倒して破産、というような事が置きないとも限りません。
過去の支払情報とあわせて、自分の収入に見合った利用を続けているかという性格(Character)を判断する要素としても使われます。

職種、勤続年数、勤務先の情報


勤務している職場の規模がわかっているということは、申し込みをした人がどの程度の支払い能力があるかについてカード会社が把握できるということでもあります。
資産のある企業に勤めている人は貸し倒れの心配も少なくなり、評価が高いということになります。
また、カード会社によっては電話による在籍確認を行う場合があります。
実際に働いているかどうか、虚偽申告がないかどうかにおいても勤務先の情報というのは必要なものです。

他にもあると思いますがほとんどのクレジットカード発行で聞かれるのが上記の項目です。
最近ではインターネットによる申し込みが増えてきているのであまり気にすることもなくなってきましたが、ちょっとした誤字・脱字であっても審査に落ちてしまう可能性があるので、書類作成においては十分に気をつけてくださいね。

実は個人情報より大切?信用情報について

書類を作成して、クレジットカード会社にインターネット申し込みや郵送を行ったあとは、基準を越えて審査に通っているように祈るしかありません。

実は、カード会社が使うデータはこちらから渡した個人情報と別に、もう一つだけあります。
それが「信用情報」というデータ。
クレジットカードだけではなくキャッシングなどのお金の借り入れ、返済については全て「信用情報機関」に登録されます。

借りた分、代行してもらった分をしっかり支払っている場合は何の記載もされることがなく綺麗なままなのですが、長期に渡って支払いを滞らせてしまったり、破産の申告をしたりすると「金融事故」として信用情報機関に登録されます。

そうなると、基本的にはカード発行ができないと考えていいでしょう。
そうならないためにも、普段から借り入れ・返済に気をつけて綺麗な信用情報を心がけましょう。

クレジットカード発行は慎重に

いかがでしょうか、今回は発行における最初の知識、いろはの「い」をご紹介しました。
どんないいカードを選んだとしても、申し込みに通らなければ発行にはつながりません。
上記のポイントを意識して、審査基準を越えるよう慎重に申し込みましょう!

関連する他の記事

クレジットカードの審査に落ちる原因とは
クレジットカードの審査に落ちるのはどんな原因があるのでしょうか。細かな理由や、利用方法として正しい…
クレジットヒストリーをご存じですか?
クレジットカードの利用履歴、いわゆるヒストリーについてご紹介します。審査で重要なものですし、使い方…
クレジットカードで審査に通りやすいことはある?
クレジットカード作成は、新規カードの入会キャンペーン中がおすすめです。審査基準などもゆるく、作りや…
クレジットカード審査の基準
クレジットカードの審査には多くの会社で共通して重視されている点が3つあります。それがそれぞれ「能力…